中国商標

中国商標登録の費用はどれくらい?安くできるコツは?プロが解説

中国商標登録の費用

中国商標登録の取得に必要は費用を教えてほしい。

 多区分だと費用は高いのだろうか。登録料納付料ってどれくらいなのだろうか。

 更新や年金も含めて教えてほしい。

こうした疑問に答えます。

これから中国に商標登録をしようと考えているけれど、費用が高そうなので不安に思っていませんか?

実は中国の商標登録出願は日本の商標出願にかかる費用とそれほど変わりはありません

ただし、弁理士や代行業者に依頼するときは手数料がかかり、思わぬ追加料金もかかったりするので注意が必要です。

そこで、本内容では、中国商標出願にかかる費用について、初心者にわかりやすく解説していきます!

本内容の構成

  • 1.中国商標登録出願の庁費用は約4,665円
  • 2.中国商標登録出願が多区分の場合の費用と注意すべきこと
  • 3.中国商標登録出願の登録料納付は不要である話
  • 4.中国商標登録出願の年金・更新の費用は約7,840円
  • 5.中国商標登録出願の費用の半額を特許庁に補助してもらうためには?
  • 6.中国商標登録出願の費用のまとめ

 

1.中国商標登録出願の庁費用は約4,665円

 中国商標登録出願の庁費用は約4,665円です(1区分あたり)。

庁費用と言うのは、中国商標局(日本で言う特許庁)に支払う手数料です。

日本商標登録出願の庁費用は12,000円ですから(1区分あたり)、中国商標登録出願の庁費用は相当安いことがわかると思います。

もしあなたが自分で中国商標登録出願をする場合は、出願料金はこの料金ですませることができますが、日本の代理人に申請する場合は、さらに費用が必要です。

日本の代理人に依頼すると、代理人と現地の弁理士が連携してあなたの商標の出願を代行してくれます。

この場合、代理人だけでなく、現地の弁理士への手数料もかかるため費用が日本の場合よりも高くなることに注意してください。

代理人に対する手数料はばらつきがあって一概にいえませんが、登録手数料や成功報酬も含めて10数万円必要であると思ったほうがよいです。

特に、メジャーな代理人の場合は高くつきます。

これに対し、筆者が運営するBrandAgentでは庁費用・現地の弁理士手数料込で¥80,000~の格安サービスを提供していますのでぜひご利用いただければと思います。

お見積りは「BrandAgent公式サイト」(外部リンク)からできます。

2.中国商標登録出願が多区分の場合の費用と注意すべきこと

中国商標登録出願が多区分の場合、区分が1つ増えるごとに約4,665円の庁費用が発生します。

区分が1つ増えるごとに区分増加額が発生することは日本のケースと同じです。

 区分とは、商標に使用する商品・役務(サービス)がどの類に属するかを表すものでして第1類~第45類まであります。

区分については「中国商標の区分と商品・役務名称で失敗しない書き方をプロが解説」の記事で日本と中国の大きな相違点も含めて詳しく解説しています。

区分を2つ指定する場合は9,330円の庁費用が発生します。

日本の場合には区分が1つ増えるごとに8,600円の庁費用が発生しますので、日本と比べると区分増加額は安く抑えられます。

ただし、中国の出願庁費用には、日本と異なる制度があることに注意してください。

それは、1つの区分で指定できる商品(役務)の項目数が10を超えると、超えた項目1つに対し約466円の庁費用が発生することです。

例えば、1つの区分に指定商品の項目数を15個指定した場合は、約6,695円(4,665+466×5円)の庁費用が発生します。

このため、日本と同様に、指定商品の項目を多く書きすぎてしまうと思わぬ費用が発生してしまう場合があります。

 代理人と相談しながら指定商品・役務の項目数を整理することをおすすめします。

3.中国商標登録出願の登録料納付は不要である話

以上のとおり、中国商標登録出願の手数料は日本に比べると安くおさえることができます。

さらに、中国商標制度では、日本とは異なり、登録料納付が不要ですので登録後に費用が発生することはありません。

日本の場合、登録時に登録納付料として1区分あたり28,200円かかりますが、中国の場合では登録納付料は無料です。

このように、中国では、商標出願にかかる費用は安いため、年々商標出願の件数は増えています。

2019年度の中国への商標登録出願の件数は約783万件。(日本の商標登録出願の件数は約16万件ほどです)。

およそ1日で21,000件ほど出願されている計算です。

たった1日延びただけであなたの商標がすでに登録されてしまうリスクを負うことになります。

このため、中国商標登録はすぐに出願することをおすすめします。

4.中国商標登録出願の年金・更新の費用は約7,840円

中国の商標制度では、日本と同様、存続期間は10年間でして、期間が満了する12か月以内に更新の申請をする必要があります。

中国では、商標の登録納付料は無料ですが、更新するときに費用が発生することに注意してください。

とはいっても日本と比べると更新に必要な費用は安くすみます。

更新の費用は1区分あたり約7,840円かかります。

日本の場合、更新料は1区分あたり28,200円かかるので相当安いことがわかると思います。

なお、これまでは更新の費用は約15,000円ほどでしたが、2019年7月1日から減額になりました。

ただし、代理人に依頼する場合には更新手数料が発生することに注意してください。

更新手数料は代理人によってまちまちですが、通常5万円ほどかかるところもあります。

これに対し、筆者の運営するBrandAgentでは更新手数料1万円で引き受けています。

中途でも受任していますのでお気軽にご相談いただければと思います。

ご相談はBrandAgentのお問合せフォームから可能です。

5.中国商標登録出願の費用の半額を特許庁に補助してもらうには?

最後に、費用を安くするコツとして、特許庁の補助事業を知っておくことが重要です。

特許庁が中小企業の方向けに商標登録出願の費用の半額を補助する事業を行っているので紹介しておきます。

>>外国出願に要する費用の半額を補助します

要件は以下のとおり。

ポイント

①応募時にすでに日本国特許庁に商標出願済みであり、同内容の商標を中国出願する予定であること

②先行調査の結果、中国での登録可能性が否定されていないこと

③中国で権利が成立した場合などにおいて、「権利を活用した事業展開を計画している」または「中国における冒認出願(悪意のある第三者による先取り出願)対策の意思を有している」こと

④外国出願に必要な資金能力・資金計画を有していること

ただし、公募の時期が限定されていることにご注意ください(例年5~7月)

6.中国商標登録出願の費用のまとめ

以上をまとめます。

  • 中国商標登録出願の庁費用は1区分あたり約4,665円
  • 区分が1つ増えるごとに約4,665円の費用が発生
  • 中国商標登録出願の登録納付料は無料
  • 中国商標登録の更新手数料は1区分あたり約7,884円

これに加えて、代理人の手数料が発生しますが、BrandAgentでは格安の80,000円からサービスを提供しています。

信頼はもちろんですが、費用をなるべく安くできる代理人に依頼することが安くするコツです。

出願も更新も格安で引き受けますのでぜひご依頼いただければと思います。

お見積りは「BrandAgent公式サイト」(外部リンク)からできます。

BrandAgentの公式サイトはこちらです

-中国商標

Copyright© BrandAgent , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.