コンテンツSEOとは|集客のためのやり方を徹底解説

コンテンツSEOって何?

サイトの集客のために重要なのかな…

やり方も教えてほしいな。

こうした疑問に答えます!

〇本記事の内容

「コンテンツSEOって何!?」

「コンテンツSEOって効果があるの!?」

「コンテンツSEOのやり方を教えてほしい」

 

〇本記事におすすめの読者

WEB集客したい方。特にスタートアップの方

コンテンツSEOとは!?

コンテンツSEOは、以下のように解釈されています。

Googleの検索表示に数多く露出させるために、サイト内に特定のユーザにとって有益な情報をもったコンテンツを数多く、継続的にアップする方法

ポイントをまとめると以下のとおりです。

・自分が書きたいコンテンツではなく特定のユーザのニーズに合うコンテンツを書くこと

・ニーズに合うコンテンツを量産していき、特定のジャンルで検索上位を狙うこと

コンテンツSEOの効果

コンテンツSEOの効果は、検索結果で上位表示されることにより集客がアップすることです。

さらに、有用なコンテンツを作成すれば、そのコンテンツを見たユーザが他のユーザに知らせるという拡散効果も期待できます。

例えば、他のユーザのブログに紹介されたり、ツィッター等のSNSに紹介されたりします。

そうすると、集客効果もより上がります。

集客効果が上がることにより、コンバージョンが成約しやすくなります。

 

このため、SEOのテクニックに走るよりもまずは、コンテンツがユーザに有益なものとなるようにすることをおすすめします。

ではコンテンツSEOは具体的にどのようにやればよいのか。

以下に解説します。

コンテンツSEOのやり方

引用:https://support.google.com/webmasters/answer/7451184?hl=ja

コンテンツSEOのやり方は、Googleが公開している「スターターガイド」が参考になります。

具体的には以下のステップでコンテンツを作成します。

 

①集客したいユーザ(ターゲット層)を選定する

①選定したターゲット層が検索しそうなキーワードを選定する

②選定したキーワードからターゲット層が求めるコンテンツを作成する

 

具体例を紹介します。

(例1)衣類を折りたたむ家電など家事に役立つ家電を開発するスタートアップ

①家電を購入する潜在ユーザとして、家事の負担を減らしたい主夫・主婦・一人暮らしの社会人を選定

②「家事の負担を減らしたい」という主婦が検索しそうなキーワード(「家事 効率化」など)をいくつか選定する。

③選定したキーワード(「家事 効率化」など)から、主婦の悩みを解決するようなコンテンツを量産していく

 

(例2)商標登録の代行サービスを提供する特許事務所

①商標登録の代行を依頼する潜在ユーザとして、商標登録にニーズがあるスタートアップを選定

②商標登録に役立つキーワード(「商標 メリット」「商標登録 自分で」など)をいくつか選定する。

③選定したキーワードから役立つコンテンツを量産していく

 

以下に詳しく解説していきます。

①ユーザの選定

まずは、あなたのWebサイトで集客したいユーザ(ターゲット層)を明確にしましょう。

Webサイトで記事を書くにあたり、あらかじめ読者の対象を絞っておくことが集客のために重要です。

 

さらに、サイトのコンテンツ(記事)ごとにターゲット層を細分化していくことも重要です。

このように読者の対象をまずは選定しておきましょう。

②キーワードの選定

コンテンツ(記事)を作成する前に、キーワードを選定することはGoogleのスターターガイドでも推奨されています。

ここでは、選定した読者(ユーザー)がコンテンツを探すときにGoogleで検索しそうなキーワードを選定します。

 

ではどのような基準でキーワードを1つに選定すべきでしょうか。

以下に説明します。

キーワードを選ぶ基準

月間検索ボリュームとは、月にユーザがキーワードをGoogleに何回検索するかをいいます。

月間検索ボリュームが大きければ大きいキーワードほど、そのキーワードに対応する記事は読まれやすく、アクセス数が大きいことになります。

そうすると、結果として集客・マネタイズがしやすいことになります。

このため、キーワードは月間検索ボリュームの大きさで決めることをおすすめします。

では、キーワードの月間検索ボリュームはどうやって調べるのか。

以下に解説します。

検索ボリュームを調べるツールは2つ

引用:https://neilpatel.com/

月間検索ボリュームを調べるツールは以下の2つです。

いずれも基本的に無料ですが、このうちおすすめは②Ubersuggestです。

理由は以下のとおりです。

・設定が簡単であること

・無料でも具体的な検索ボリュームの数字を調べるこ

上の図のとおり、キーワードを入力すると、月間検索ボリュームだけでなく難易度も出てきます。

Ubersuggestを使って、最も検索ボリュームが大きいものを選べばOKです。

キーワードはどこに含めるべきか

検索しそうなキーワードを選定したら、タイトル・見出し・リード文にキーワードを含めるようにしましょう。

これにより、Googleの検索順位に上がりやすくなります。

リード文の一部は、スニペットに表示される可能性もあり、リード文にキーワードを含めておくと、キーワードに関連する記事と判断され上位表示されやすくなります。

見出しについても最初か2番目の見出しにはキーワードを含めておくようにしましょう。

なお、キーワードを含めすぎてコンテンツと整合がとれないと、SEO効果はあらわれません。

あくまでもコンテンツを優先にしましょう。

③読者が求めるコンテンツの作成

Googleの「スターターガイド」には、「読者が求めているものを把握して提供する」ことが重要であると記載されています。

さらに、Googleのスターターガイドにはコンテンツに関して以下のように記載されています。

①検索ではなくユーザーに合わせてコンテンツを最適化

②新鮮な独自のコンテンツを作成

①に対しては、SEO対策のテクニックにとらわれず、まずはユーザーのニーズに合わせたコンテンツを作成することが重要であると解釈できます。

つまり、優先順位はユーザのニーズに合うコンテンツ>SEOのテクニックとしましょう。

②については、既存のコンテンツの焼き直しでは、Googleに評価されないことを意味します。

あなた自身の知見・経験・ノウハウをコンテンツに盛り込みましょう。

 

一方、コンテンツを作成する上で、読者のニーズはどういうものだろうかと悩む場合もあります。

そこで読者のニーズを調べる方法を以下に解説します。

読者のニーズを調べる方法

引用元:https://www.related-keywords.com/

 

ニーズを調べる方法は2つあります。

①キーワードの検索で上位表示されている記事を参考にする

関連キーワード取得ツールを利用する

①については、キーワードの検索で上位表示されているものはGoogleから読者のニーズに答えている記事と評価されているので、上位の記事を読んで読者のニーズはどういうものか調べる方法です。

一方、②については、関連キーワード取得ツール(無料)にアクセスしてキーワードを入力すると、そのキーワードに関連する質問・悩み(Yahoo!知恵袋)が表示されます。

上の図の例で言うと、「社会人 勉強」というキーワードを入力した場合「何を勉強すべきか」「どのようにして勉強時間をとればよいか」「勉強法」といった悩みがあり、こうした悩みに答えればよいことがわかります。

コンテンツSEOのまとめ

以上、コンテンツSEOのやり方をまとめておきます。

 

①集客したいユーザ(ターゲット層)を選定する

①選定したターゲット層が検索しそうなキーワードを選定する

②選定したキーワードからターゲット層が求めるコンテンツを作成する

 

またわたくしが運営しているFOX国際特許事務所では、WEBコンサルのサービスも提供しています。

相談は無料ですのでお気楽にご連絡をいただければと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA