欧州(EP)出願の包袋(審査書類)や各国特許文献の入手方法!

欧州(EP)出願の包袋(審査書類)や各国特許文献の入手方法!

ArticleNo. 0733-2

 本サイトは、これを見た方に特許出願書類の作成等を実務レベルかつ独力で行えることを目的としています。

 本サイトの管理人は弁理士として仕事をしており、システムエンジニア・中小特許事務所・大手特許事務所・大企業知財部を経験し、みなさまのお役に立てれば光栄です。

 今回は、各国実務対応シリーズです。管理人が日々の業務で実際に対応した課題、その解決手段、解決に用いた豆知識をつらつらと記載します。実務対応を示すことで、各国での対応に困っている方の一助となればと思います。

 さて、欧州(EP)出願の包袋(審査書類)、及び各国特許文献の入手方法について紹介します。

この記事を参照して得られる効果

 

①.欧州(EP)出願の包袋入手方法を理解できます。

②.各国特許文献の入手方法を理解できます。

 

欧州(EP)出願の包袋(審査書類)

 各国で拒絶理由対応やら、侵害検証やらやってると、包袋が必要になります。包袋とは、その国で特許庁に提出した書類の束を意味しています。

 今回紹介するのは、欧州(EP)出願の包袋入手方法についてです。欧州の包袋は、Espacenetから入手します。

欧州出願の包袋の入手手順

(1)特許庁のサイトにアクセスする。

 特許庁のサイト、「Espacenet」にアクセスし、出願番号や公開番号等入力し、「検索」をクリックします(図1及び図2)。

※なお、参考とした出願番号「14839731.8」は、トヨタの特許文献です。

【図1】

0733-2_Fig1_Espace1

【図2】

0733-2_Fig2_Espace2

(2)検索結果一覧画面及び書誌事項画面

 図2からの検索で、下記の図3に示す画面に遷移しますので、タイトル(赤丸部分)をクリックします。図4の書誌事項画面に遷移したら、次に「Register」をクリックしましょう。

【図3】

0733-2_Fig3_Espace3

【図4】

0733-2_Fig4_Espace4

(3)画面

 図4からの検索で、下記の図5に示すAbout this file画面に遷移しますので、「All documents」(赤丸部分)をクリックします。すると、下記の図6に示すAll documentsの包袋画面に遷移します。

 図6中の「Zip Archive」をクリックすると、出願から現在までに欧州特許庁(EPO)に提出された書類の一覧(包袋)を入手できます。

【図5】

0733-2_Fig5_Espace5

【図6】

0733-2_Fig6_Espace6

各国特許文献

 さて、次は各国特許文献の入手方法です。各国特許庁にアクセスして入手する方法もあるんですが、今回もやっぱりEspacenetから入手します。Espacenetの汎用性が高すぎて、よっぽどのことが無い限りここばっかり使ってます。

各国包袋の入手手順

 上記の図1~図4(欧州出願の包袋の入手手順)に示す画面までには、同じ手順です。図4の中で、「原文献(Original documents)」をクリックするところだけ違います(下記の図7)。すると、下記の図8に示す原文献画面が表示されますので、「Download」をクリックすることで、ダウンロードが始まります。

 正確には、bot判定のための認証画面が表示されますので、画面の指示にしたがって認証して下さい。

【図7】

0733-2_Fig7_Espace7

【図8】

0733-2_Fig8_Espace8

 今回は、ここまでです。

よろしければ!

(1)書いてほしい記事はありますか?

 本記事を参照いただき、ありがとうございました。

  特許等に関して、書いてほしい記事等があれば、遠慮なくメールや下記のコメント入力フォームからご相談下さい。

  時間はかかるかもしれませんが、記事の作成を検討させていただきます。

(2)ご質問・ご相談・ご依頼

 また、特許出願、拒絶理由通知の悩み・ご質問などがあれば、メールや下記のコメント入力フォームからご相談下さい。答えられる範囲でお答えします。

ただし、新規の技術内容等に関するものであって、出願を検討しているものについては、絶対に「コメント入力フォーム」に記入しないで下さい。発明の新規性を喪失してしまうことを防止するためです。

 なお、私の状況により、お返事が遅くなることもありますので、その点ご了承下さい。

ArticleNo. 0733-2

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL