特許事務所の事務(内国・国内事務)ってどうなの!?就職・転職の悩み・相談に答えます!

特許事務所の事務職(内国・国内事務)ってどうなの!?就職・転職の悩み・相談に答えます!

ArticleNo. 0721-3

 本サイトは、これを見た方が特許出願書類の作成等を実務レベルかつ独力で行えることを目的としています。

 本サイトの管理人は弁理士として仕事をしており、システムエンジニア・中小特許事務所・大手特許事務所・大企業知財部を経験し、みなさまのお役に立てれば光栄です。

 今回は、特許事務所の事務(内国・国内)の内情についてお教えします。特に、特許事務所に就職・転職しようと思っている方は参考にしてみて下さい。

この記事を参照して得られる効果

 

特許事務所の事務職(内国)の内情が分かります。
特許事務所の事務職(内国)への就職・転職事情が分かります。

 

特許事務について

 特許事務所の事務(以下、「特許事務」)は、スタッフ(弁理士・特許技術者)が作成した法律文書を、特許庁・クライアントに提出できるように体裁を整えたりするのが仕事です。

 ざっくり言いましたが、特許事務の専門性は高く、内国・内外・外内に大別されます(もちろん、経理や総務もあります)。

 その他、大きな事務所では、電子出願課や秘書等の部署もあります。

(1)内国の特許事務の仕事内容

 内国の特許事務(以下、「内国特許事務」)は、日本国のクライアント、特許事務所内のスタッフ職(特許技術者・弁理士)の間を取り持つことを主な仕事としています(下記の図1)。

【図1】

0721-3_Fig1_RelationBetweenClientAndPatentAttorney

 具体的には、下記のに示す内容が主な仕事です。

.案件の期限管理
.願書の作成
.提出書類の誤記等のチェック
.電話の取次、面談日程の設定等
.部下の管理

 

.案件の期限管理

 特許事務所は、特許(製品・製法等)、実用新案(製品等)、意匠(デザイン)、商標(自他商品等識別の標章)の登録を特許庁に行うのが主な仕事です。

 この登録を行うには、特許庁への申請書類の提出、いわゆる「出願」を行い、さらに、特許出願については審査の請求を行います(実用新案、意匠、商標では、審査請求は必要ありません)。

 その後、特許庁から拒絶理由等の通知が出願人に行われ、出願人は、これに応答せねばなりません。

 上記の通知には、典型的には、応答期限が記載されており、その期限管理を行うのが、内国特許事務の仕事の一つとなります。

 もちろん、この他にも種々の法定期限や、クライアントに設定された期限等、いろいろな期限管理を行います。

 期限管理は、一般的な会社でも行われますが、法定期限の管理については、特許事務所や法律事務所に特有の期限かと思います。

.願書の作成

 内国特許事務は、「願書」と呼ばれる書類(出願書類の一部)を作成するのが仕事の一つです。

 願書には、整理番号(クライアントや特許事務所の所員が管理する番号)や、書類提出日、出願人の名称、及び代理人の名称等が記載され、出願書類の書誌的な情報を示します。

.提出書類の誤記等のチェック

 内国特許事務は、提出書類の誤記等のチェックをするのが仕事の一つです。

 文章の整合性や、あるべき、図、表、標章等が提出書類(出願書類)に記載されているかなどをチェックします。

.電話の取次、面談日程の設定等

 内国特許事務は、電話の取次や面談日程の設定等も仕事の一つとしています。

 クライアントとスタッフ職が、打ち合わせする日程等を仲介します。

スタッフ職とクライアント側の発明者とが直接やり取りすることもあります。

.部下の管理

 内国特許事務の仕事で経験年数を経ると部下を持ちます。

 部下の指導も仕事の一つです。

(2)内国の特許事務の仕事の忙しさ

 内国特許事務は、基本的には定時上がりです。

 就業時間としては、9時始業、12時~13時昼休憩、17時30分終業というのが一般的です。

 ただし繁忙期があり、基本的には、年度末(3月末)及び年末(12月末)が忙しいです。

 企業が予算編成前や、大型連休前に出願手続を一括して依頼してくるため、この時期は忙しくなります。

 繁忙期には、場合によっては、帰宅時間が21時~23時になることもあります。

(3)内国の特許事務の職場環境

 内国特許事務の職場環境としては、女性が大半を占める女性社会と言えます。

 特許事務所にもよりますが、年齢層としては、20代、30代、及び40代がボリューム層(メインの層)です。

 お昼は、入初年度や時期が近い人達で、ご飯にいったりすることが多いです。

 内国特許事務は、仲が良いところが多いのではないかと思います。

 ママさんの割合も比較的多いです。

 内国特許事務の離職率も低く、比較的長く働いている方が多いです。

(4)内国の特許事務で得られるスキル

 内国特許事務では、知的財産、特に、日本国の特許法、実用新案法、意匠法、商標法について、一定の知識と実務的対応能力が得られます。

 また、法律文書の作成・チェックが主な仕事ですから、難解な法律文書の読解や、正確さのスキルが身につきます。

 法律文書では一つの記載ミスがクライアントの信頼失墜や致命傷になることも少なくないので、これを防ぐような、作業の正確さのスキルも身につくでしょう。

 また、特許事務所によっては、定期的かつ格安で、法律、語学、茶道等の勉強会が開かれる場合があり、そこでスキルを習得するというのも考えられます。

(5)内国の特許事務のキャリア

 内国特許事務のキャリアとしては、事務所内に限って言えば、そのまま内国部門で係長や課長になったり、あるいは、他の部門(内外:日本国からの外国への出願、外内:外国からの日本国への出願、秘書等)が考えられます。

 内国特許事務のまま弁理士資格等を取得した場合には、スタッフ職への異動もあり得ます。

 また、内国特許事務で得たスキルは、企業の知財部や法務、その他の事務でも役立ちますから、転職には有利でしょう。

(6)内国の特許事務の服装

 内国の特許事務の服装は、女性の場合にはオフィスカジュアルを指定されることが多く、比較的自由です。

 男性の場合には、クールビズ期間(5月~9月)は、襟付きシャツ指定で短パンでなければOK、10月~4月はスーツ指定となったり、特許事務所によっては服装自由など、その事務所によって偏りがあります。

(7)内国の特許事務の雇用形態

 内国特許事務の雇用形態は、下記の3つに大別されます。

.パート・アルバイト
.派遣(契約社員)
.正所員

 以下、各雇用形態について説明します。

(8).パート・アルバイトについて

-1.内国特許事務におけるパート・アルバイトの勤務時間

 内国特許事務におけるパート・アルバイトの勤務時間は、特許事務所にもよりますが、比較的自由に設定できるかと思います。

 ただし、特許事務所内でコアタイム等が設定されている場合には、学生バイトはキツイ可能性があります(主婦・フリーター等優遇)。

-2.内国特許事務におけるパート・アルバイトの休暇取得事情

 これは、特許事務所にもよりますが、比較的自由に設定できるかと思います。

 仕事の引き継ぎは、できれば休暇の前日に、できなければ当日、上長に報告しましょう。

-3.内国特許事務におけるパート・アルバイトの福利厚生

 ほぼほぼ無いです。内国特許事務におけるアルバイトの福利厚生は、他の職種のバイトと同等と考えて下さい。

 勤務日数等によっては社会保険加入なども可能かと思いますが、これも他の職種のバイトと同等です。

-4.内国特許事務におけるパート・アルバイトの給料

 地域や特許事務所にもよりますが、他のアルバイトと比較して高めに設定されていることが多いです。

 時給換算で1200円~1800円程度での募集が多い印象です。

-5.内国特許事務におけるパート・アルバイトの将来の展望

 内国特許事務におけるパート・アルバイトの将来の展望としては、正所員へのキャリアアップを検討できます。

 事務所内で派遣・パート・アルバイトから正所員になるということは以外と多く、狙ってみるのも良いかと思います。

 正所員を狙う場合には、それ相応の勤務態度や勤務日数、作業の正確さなどを示すとよいでしょう。

 また、企業の知財部・法務部への転職や、その他の事務職への転職も検討できます。
法律文書を扱ったことがあるという経歴は、このような転職において、非常に役立つでしょう(実際に、特許事務所から大企業の知財部や、大学の事務職に転職された事務職の方を何人も知っています)。

-6.内国特許事務におけるパート・アルバイトの就職・転職対策

 内国特許事務におけるパート・アルバイトの就職・転職対策としては、書類及び面接において下記の(a)~(c)をアピールできることが好ましいです。

(a)法律系学部所属又は既卒、理工系学部所属又は既卒であること

 特許事務所は、法律事務所の一種ですので、法律学部に関する経歴は、就職・転職対策に有利です。

 また、特許事務所では、特許法に関する仕事が典型的には花形(メイン)となります。

 特許法は、技術的思想を知的財産として保護するものですから、理工系学部に関する経歴は、就職・転職対策に有利です。

(b)Word・Excel等のOfficeソフト含め、PC操作に慣れていること

 特許事務所では、PC操作が業務の大半を占めますから、PCの操作に慣れていることは就職・転職対策に有利です。

(c)きめ細やかな作業が苦ではないこと(慣れていること)

 特許事務所では法律文書を扱います。法律文書は、通常のビジネス文書よりも、よりきめ細やかなチェックが必要です。

 法律文書に書いた内容は、権利の発生や範囲、その帰属等、契約書のような効力を発揮するためで、仮に誤記があったとすると、これらに影響を与えてしまいます。

 事務所では、文書の内容のチェックでダブルチェック・トリプルチェックすることは当たり前で、きめ細やかな作業が苦でない、ということは、就職・転職対策に有利です。

-7.内国特許事務におけるパート・アルバイトの応募

 基本的には、求人サイトからの応募が一般的です。

 また、特許事務所のサイトでも求人募集を行っていることがあるので、狙っている特許事務所があれば、そのサイトを調べてみるとよいでしょう。

 知り合いの紹介なども手段として挙げられます。

(9).派遣について

-1.内国特許事務における派遣の勤務時間

 内国特許事務における派遣の勤務時間は、特許事務所にもよりますが、待遇は正所員とほぼ変わりません。

 就業時間としては、9時始業、12時~13時昼休憩、17時30分終業というのが一般的です。

 ただし、契約や、お子さんがいる等の理由で時短勤務を選択できる特許事務所は多いです。

 時短勤務の場合には、9時~15時又は9時~16時などで働くことが多いです。

-2.内国特許事務における派遣の休暇取得事情

 これは、特許事務所や派遣契約の内容にもよりますが、比較的自由に設定できるかと思います。

 仕事の引き継ぎは、できれば休暇の前日に、できなければ当日、上長に報告しましょう。

 また、午前休や午後休ももちろんあります。

 休暇取得は、目的に応じて行って下さい。

-3.内国特許事務における派遣の福利厚生

 特許事務における正所員の福利厚生としては、社会保険、通勤補助、住宅補助制度、退職金制度、資格取得支援、育休制度、保養所、社員旅行、クラブ活動等が挙げられます。

 大きな事務所ほど、福利厚生は充実している傾向があります。

 特許事務所における派遣の福利厚生としては、正所員に準じるのが一般的です。

 しかしながら、勤務時間・勤務日数・その他の派遣契約等により、正所員と同等の待遇は受けれないこともあります。

 例えば、退職金制度やそれに準ずる制度への加入については、派遣元か、就労先の特許事務所等に相談するのが良いでしょう。

 また、住宅補助制度がある場合もありますので、確認してみて下さい。

-4.内国特許事務における派遣の給料

 地域や特許事務所にもよりますが、時給換算で100円~2000円程度での募集が多い印象です。

-5.内国特許事務における派遣の将来の展望

 内国特許事務における派遣の将来の展望としては、正所員へのキャリアアップを検討できます。

 事務所内で派遣・パート・アルバイトから正所員になるということは以外と多く、狙ってみるのも良いかと思います。

 正所員を狙う場合には、それ相応の勤務態度や勤務日数、作業の正確さなどを示すとよいでしょう。

 また、企業の知財部・法務部への転職や、その他の事務職への転職も検討できます。
法律文書を扱ったことがあるという経歴は、このような転職において、非常に役立つでしょう(実際に、特許事務所から大企業の知財部や、大学の事務職に転職された事務職の方を何人も知っています)。

-6.内国特許事務における派遣の就職・転職対策

 内国特許事務における派遣の就職・転職対策としては、書類及び面接において下記の(a)~()を主張できることが好ましいです。

(a)法律系学部所属又は既卒、理工系学部所属又は既卒であること

 特許事務所は、法律事務所の一種ですので、法律学部に関する経歴は、就職・転職対策に有利です。

 また、特許事務所では、特許法に関する仕事が典型的には花形(メイン)となります。

 特許法は、技術的思想を知的財産として保護するものですから、理工系学部に関する経歴は、就職・転職対策に有利です。

(b)Word・Excel等のOfficeソフト含め、PC操作に慣れていること

 特許事務所では、PC操作が業務の大半を占めますから、PCの操作に慣れていることは就職・転職対策に有利です。

(c)きめ細やかな作業が苦ではないこと(慣れていること)

 特許事務所では法律文書を扱います。法律文書は、通常のビジネス文書よりも、よりきめ細やかなチェックが必要です。

 法律文書に書いた内容は、権利の発生や範囲、その帰属等、契約書のような効力を発揮するためで、仮に誤記があったとすると、これらに影響を与えてしまいます。

 事務所では、文書の内容のチェックでダブルチェック・トリプルチェックすることは当たり前で、きめ細やかな作業が苦でない、ということは、就職・転職対策に有利です。

)経験者であること

 言ったら身も蓋もないですが、特許事務、特に、内国特許事務の経験があることは、即戦力ですので、就職・転職の対策として有利です。

)インターン参加者であったこと

 就活のときにインターンとして参加していた経験は就職・転職の対策としてある程度有利に働くと考えられます。

 そうでない事務所もあるかも知れませんが、顔見知りであることの影響は排除しきれるものでは無いです。

)有資格者又はそれに準ずる者であること

 法律関連の資格、弁護士、弁理士は言うに及ばず、行政書士や知的財産検定などの資格、弁護士又は弁理士の一次試験突破などの経験は、就職・転職に有利に働きます。

-7.内国特許事務における派遣の応募

 人材派遣会社からの派遣が一般的です。

 派遣先として特許事務所を志望することで、特許事務所で働ける可能性が高まります。

(10)③.正所員について

③-1.内国特許事務における正所員の勤務時間

 内国特許事務における正所員の勤務時間は、9時始業、12時~13時昼休憩、17時30分終業というのが一般的です。

 ただし、契約や、お子さんがいる等の理由で時短勤務を選択できる特許事務所は多いです。

 時短勤務の場合には、9時~15時又は9時~16時などで働くことが多いです。

③-2.内国特許事務における正所員の休暇取得事情

 これは、比較的自由に設定できるかと思います。

 仕事の引き継ぎは、できれば休暇の前日に、できなければ当日、上長に報告しましょう。

 また、午前休や午後休ももちろんあります。

 休暇取得は、目的に応じて行って下さい。

③-3.内国特許事務における正所員の福利厚生

 特許事務における正所員の福利厚生としては、社会保険、通勤補助、住宅補助制度、退職金制度、資格取得支援、育休制度、保養所、社員旅行、クラブ活動等が挙げられます。

 大きな事務所ほど、福利厚生は充実している傾向があります。

③-4.内国特許事務における正所員の給料

 地域や特許事務所にもよりますが、内国特許事務の給料は年収で350万~400万程度です。

 ボーナスは夏冬の2回で、それぞれ給料の1ヶ月分といったところでしょうか。

 超大手になると500万になるところもあるようです。

③-5.内国特許事務における正所員の将来の展望

 内国特許事務における正所員の将来の展望としては、主任、係長、課長等への役職のキャリアアップを検討できます。

 また、企業の知財部・法務部への転職や、その他の事務職への転職も検討できます。
法律文書を扱ったことがあるという経歴は、このような転職において、非常に役立つでしょう(実際に、特許事務所から大企業の知財部や、大学の事務職に転職された事務職の方を何人も知っています)。

③-6.内国特許事務における正所員の就職・転職対策

 内国特許事務における正所員の就職・転職対策としては、書類及び面接において下記の(a)~()を主張できることが好ましいです。

(a)法律系学部所属又は既卒、理工系学部所属又は既卒であること

 特許事務所は、法律事務所の一種ですので、法律学部に関する経歴は、就職・転職対策に有利です。

 また、特許事務所では、特許法に関する仕事が典型的には花形(メイン)となります。

 特許法は、技術的思想を知的財産として保護するものですから、理工系学部に関する経歴は、就職・転職対策に有利です。

(b)Word・Excel等のOfficeソフト含め、PC操作に慣れていること

 特許事務所では、PC操作が業務の大半を占めますから、PCの操作に慣れていることは就職・転職対策に有利です。

(c)きめ細やかな作業が苦ではないこと(慣れていること)

 特許事務所では法律文書を扱います。法律文書は、通常のビジネス文書よりも、よりきめ細やかなチェックが必要です。

 法律文書に書いた内容は、権利の発生や範囲、その帰属等、契約書のような効力を発揮するためで、仮に誤記があったとすると、これらに影響を与えてしまいます。

 事務所では、文書の内容のチェックでダブルチェック・トリプルチェックすることは当たり前で、きめ細やかな作業が苦でない、ということは、就職・転職対策に有利です。

)経験者であること

 言ったら身も蓋もないですが、特許事務、特に、内国特許事務の経験があることは、即戦力ですので、就職・転職の対策として有利です。

)インターン参加者であったこと

 就活のときにインターンとして参加していた経験は就職・転職の対策としてある程度有利に働くと考えられます。

 そうでない事務所もあるかも知れませんが、顔見知りであることの影響は排除しきれるものでは無いです。

)有資格者又はそれに準ずる者であること

 法律関連の資格、弁護士、弁理士は言うに及ばず、行政書士や知的財産検定などの資格、弁護士又は弁理士の一次試験突破などの経験は、就職・転職に有利に働きます。

③-7.内国特許事務における正所員の選考ステップ

 大手特許事務所への就職・転職では、企業への就職・転職と同等な選考ステップがあります。

 選考ステップは、典型的には、書類選考、採用テスト及び一次面談(パートナークラス弁理士)、二次面談(所長)といった感じです。

 なお、中小等零細の特許事務所への就職・転職では、書類選考と所長面談で気に入られるか否かなどが重要なウェイトを占めることもあります。

③-8.内国特許事務における正所員の応募

 基本的には、求人サイトからの応募が一般的です。

 また、特許事務所のサイトでも求人募集を行っていることがあるので、狙っている特許事務所があれば、そのサイトを調べてみるとよいでしょう。

 知り合いの紹介なども手段として挙げられます。

 今回はここまでです。

よろしければ!

書いてほしい記事はありますか?

 本記事を参照いただき、ありがとうございました。

 特許等に関して、書いてほしい記事等があれば、遠慮なくメールや下記のコメント入力フォームからご相談下さい。

 時間はかかるかもしれませんが、記事の作成を検討させていただきます。

ArticleNo. 0721-3

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL