中国での特許の年金納付状況を調べる方法

中国での特許の年金納付状況を調べる方法

ArticleNo. 0951-4

 本サイトは、これを見た方に特許出願書類の作成等を実務レベルかつ独力で行えるようになることを目的としています。

 本サイトの管理人は弁理士として仕事をしており、システムエンジニア・中小特許事務所・大手特許事務所・大企業知財部を経験し、みなさまのお役に立てれば光栄です。

 今回は、中国での特許の年金納付状況を調べる方法を説明します。

※なお、本記事は、2019114日時点の調査方法です。各国サイトの更新等により、手順が変更される可能性がありますので、ご注意下さい。

この記事を参照して得られる効果

①.中国での特許の年金納付状況を調べる方法を理解できます。

手順

(1)特許庁のサイトにアクセスする

 特許庁のサイト、「CNIPA」にアクセスします。すると、下記の図1に示すようなサイトが表示されるかと思います。

【図1】

0951-4_Fig1_CNIPA1

2019114日現在、特許文献等の検索を行うには、アカウントの登録が必要ですので、これを登録するため、「Public inquiry」の「公衆登録ユーザー」をクリックして、ユーザー登録を行います。

 ユーザー登録画面としては、下記の図2に示すようなものが表示されます。

【図2】

0951-4_Fig2_CNIPA2

 このユーザー登録画面では、携帯番号等の登録が要求されます。

 下記に、各登録項目の注意点を示しますので参考として下さい。

(2)携帯番号の登録

 日本の番号を登録する場合には、「+81 Japan」を選択し、登録する番号を記入します。後で説明しますが、SMSで認証コードが送られてくるので、登録する番号は、携帯番号が分かりやすいかと思います。

番号の記入では、日本の番号の最初の「0」を省くことに注意して下さい。

 例えば、携帯番号が「090-1234-5678」である場合には、ここで記入する番号は、「9012345678」です。

※なお、お手持ちの番号を登録することに抵抗感がある方は、別の方法があります。別記事の個人情報の開示をなんとかしたい!フリーのSMS用番号の取得方法を参照して下さい。

また、上記のSMSでの認証コードの送付は、深夜では機能していない可能性があります(管理人が深夜に登録の処理を行い、認証コードの送付要求を行っても、3回中3回送付されてきませんでした。当局の担当者が逐一、認証のチェックをしている可能性があり、日中しか機能していないのかもしれません)。したがって、この登録の処理は、日中に行うことが推奨されます。

3)電子メールの登録

 電子メールの登録では、お手持ちの電子メールのアドレスを記入して下さい。

 電子メールは、フリーのもので、gmailなりyahooなりで作成したものを使用できます。

(4)パスワードの登録

パスワードの登録では、英数字で「大文字」、「小文字」、「数字」、及び「『!』等の特殊文字」からなるもので、かつ、8文字以上となるようなものを用いましょう。

(5)画像確認

 携帯番号、電子メール、及びパスワードの記入までできましたでしょうか?(下記の図3)

【図3】

0951-4_Fig3_CNIPA3

 次に、画像確認の項目をクリックすると、下記の図4に示すような認証画面が表示されますので、「順次クリックしてください…」に表示された文字の順に、認証画面上の文字をクリックします。

【図4】

0951-4_Fig4_CNIPA4

 これらの入力等に問題がなければ、携帯のSMSに認証コードが送信されますので、その認証コードを記入し、「確定」をクリックします。

 これで登録が完了しますので、図1の画面に戻り、「Public inquiry」に、先程登録した「携帯番号」とパスワードとを入力してログインしましょう。ログインすると、上記の図5に示す画面が表示されますので、「以上の利用規約に同意します」にチェックして、「次へ」をクリックします。

【図5】

0951-4_Fig5_CNIPA5

 下記の図6に示す「特許情報照会」画面が表示されましたら、「出願番号」と「Verification Code」を記入し、「照会」をクリックして下さい。

 なお、参考とした出願番号「201480047230.1」は、トヨタの出願番号です(検索時は、出願番号の「2014800472301」(ピリオド「.」を省略)で検索することに注意して下さい)。

Verification Codeの記入では、演算値を記入して下さい。下記の図6では、「4-1」なので、「3」を記入しています。

【図6】

0951-4_Fig6_CNIPA6

 下記の図7のような画面が表示されましたら、赤枠の出願番号をクリックしましょう。

【図7】0951-4_Fig7_CNIPA7

 下記の図8に示すような画面が表示されたら、タブの「手数料情報」をクリックしましょう。

【図8】

0951-4_Fig8_CNIPA8

 下記の図9に示す画面が表示されたら、確認するのは、「納付すべき手数料情報」の「納付締切日」と、「納付済情報」の項目です。

 例えば、図9では、第5年の年金が2018529日に支払済であり、第6年の年金の納付締切日が2019823日ですから、特許は維持されていると判断することができます。

【図9】

0951-4_Fig9_CNIPA9

 なお、本件中国出願は、国際公開番号WO2015/029649の国内移行に関する出願であり、国際出願日が2014723日ですから、特許の存続期間満了日は、最大で2034722日です(※中国では1日早いことに注意して下さい)。

なお、他の国の年金納付状況については「他人の特許権が邪魔?年金納付状況の確認方法」も参照してみて下さい。

 今回はここまでです。

よろしければ!

(1)書いてほしい記事はありますか?

 本記事を参照いただき、ありがとうございました。

特許等に関して、書いてほしい記事等があれば、遠慮なくメールや下記のコメント入力フォームからご相談下さい。

時間はかかるかもしれませんが、記事の作成を検討させていただきます。

(2)ご質問・ご相談・ご依頼

 また、特許出願、拒絶理由通知の悩み・ご質問などがあれば、メールや下記のコメント入力フォームからご相談下さい。答えられる範囲でお答えします。

ただし、新規の技術内容等に関するものであって、出願を検討しているものについては、絶対に「コメント入力フォーム」に記入しないで下さい。発明の新規性を喪失してしまうことを防止するためです。

 なお、私の状況により、お返事が遅くなることもありますので、その点ご了承下さい。

ArticleNo. 0951-4

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL