SEOに強いタイトルをつける方法【裏技あり】

「検索上位に入るためにコンテンツのタイトルはどうすべき!?」

こうした疑問に答えます。

〇本記事におすすめの読者

プロモーションにSEOマーケティングを活用したい方

本記事を読めば、SEO初心者でもわかりやすく解説していますので、SEO対策ができます。

SEOに効果的なタイトルをつける5つのポイント

[st-kaiwa3]タイトルのつけ方はSEO対策の中でも重要なものの1つです。

経験的にもタイトルのつけ方次第で検索順位が入れ替わったりします。

以下では、SEOに効果的なタイトルをつけるポイントを5つ紹介します![/st-kaiwa3]

 

①タイトルの文字数は30文字以下とする

②キーワードはタイトルの前半部分に含める

③タイトルの後半部分でユーザを惹きつける

④タイトルはコンテンツの内容を反映したものとする

⑤キーワードが3語なら全てをタイトルに含める

 

以下、順番に解説します。

①タイトルの文字数は30文字以下とする

検索順位を上げるためのタイトルの役割は3つあります。

(a)検索エンジンにユーザが検索するキーワードを伝えること

(b)ユーザにコンテンツの内容を的確に伝えること

(c)ユーザにタイトルで惹きつけてクリックしてもらうこと

タイトルの文字数が多すぎると、途中で途切れたり、googleが勝手にタイトルを変更したりするおそれがあります。

そうすると、上の役割のうち(b)コンテンツの内容と(c)惹きつけるようなタイトルをユーザに伝えることができません。

また文字数が多すぎると、情報量が多すぎるためユーザに敬遠されるおそれもでてきます。

このため、文字数は多すぎないようにするのが第1のポイントです。

タイトルの文字数は30文字を越えないようにしましょう。

②キーワードはタイトルの前半部分に含める

検索エンジンにユーザが検索するキーワードを明確に伝えるために、タイトルの前半部分にキーワードを含めることがコツです。

ちなみにこれはGoogleのスターターガイドなどに書かれたものではなく、経験によるものです。

僕のブログでは、弁理士関連のキーワードで上位をほぼ独占していますが、いずれのコンテンツ(記事)もキーワードをタイトルの前半部分にもってきています。

「弁理士 難易度」(検索順位3位)

弁理士難易度はぶっちゃけ気にしなくてよい理由」

「弁理士 独学」(検索順位2~3位)

弁理士試験に独学で合格できるのか|一発合格した弁理士が答えます」

「弁理士 通信講座」(検索順位2~3位)

弁理士試験の予備校の通信講座を徹底比較【1発合格者が厳選】」

もちろん、タイトルの前半部分にキーワードをもってこなくても、検索順位が上位に表示されることはあります。

しかし、タイトルの前半部分にキーワードをもってきたほうが、検索順位の上位に表示されやすく、おすすめです。

もし、タイトルの表現に迷ったら、狙いたいキーワードで上位表示されている他人のコンテンツがどのようなタイトルをつけているのか参考にしましょう。

③タイトルの後半部分でユーザを惹きつける

検索結果のトップページに表示されても8位以降であれば、ユーザはほとんど見てくれません。

そこで、8位~10位からさらに順位を上げるためには、タイトルで惹きつけてクリック率(CTR)を高めることが重要です(上の(c))。

このため、タイトルの前半部分でキーワードを全て含め、後半部分でユーザを惹きつけるようなタイトルをおすすめします。

ユーザを惹きつけるコツとして2つ紹介します。

①意外性のタイトル

「弁理士 難易度」(検索順位3位)

弁理士難易度ぶっちゃけ気にしなくてよい理由」

②実績・信頼性・権威性の強調

「弁理士 独学」(検索順位2~3位)

弁理士試験に独学で合格できるのか|一発合格した弁理士が答えます

もし1文で表現することが難しい場合には、「|」や「【】」で2つのパートに分けて書けばOKです。

 

後半部に、読者のターゲット層を明確にすることも有効です。

例えば、【〇〇向け】などが挙げられます。

 

④タイトルはコンテンツの内容を反映したものとする

検索順位を上げることを意識するあまり、コンテンツの内容に逸脱したタイトルとしないようにしましょう。

特にリライトのときにタイトルを変更するときは要注意です。

タイトルがコンテンツの内容と逸脱しないようにすることはGoogleの「スターターガイド」にも書かれています。

また、ユーザにも不評を買う行為ですので、避けるべきです。

⑤キーワードが3語なら全てをタイトルに含める

最後に「裏技」を紹介します。

最も検索順位が上がりやすいのは、

①キーワードを3語とし、

②検索上位の記事のタイトルにキーワード3語が全て含まれない

ものです。

ただし、3語だと検索ボリュームも少ないため、検索ボリュームがどれくらいあるかはしっかりと確認しましょう。

検索ボリュームの確認はUbersuggestがおすすめです。(無料)

例えば、僕の場合、「行政書士 難易度 ランキング」で2位をとっています。

「行政書士 難易度 ランキング」で検索すると、上位表示に3語のキーワードをタイトルに含めているものはなく、しかも検索ボリュームも480ありますのでアクセス流入もあります。

SEOとタイトルのまとめ

①タイトルの文字数は30文字以下とする

②キーワードはタイトルの前半部分に含める

③タイトルの後半部分でユーザを惹きつける

④タイトルはコンテンツの内容を反映したものとする

⑤キーワードが3語なら全てをタイトルに含める

このブログでは他にもSEOに関する情報を発信しています。

ぜひご覧いただければと思います。

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA