商標登録のメリットを弁理士が5つ紹介

商標登録のメリットを教えてほしいな。

 

こうした疑問に答えます。

〇本記事の内容

商標登録のメリットを5つ

商標登録のデメリットは?

〇本記事のおすすめの読者

これから商標の登録を考えているスタートアップの方

〇本記事の信頼性

本記事は、商標の専門家である弁理士によって書かれています。

なお、僕はこれまでに商標出願のサポートをした経験があり、記事は経験に基づいています。

本記事を読めば商標登録のメリット・デメリットを理解できます。

商標登録のメリットは5つある

[st-kaiwa3]商標登録のメリットは大きく5つあります。[/st-kaiwa3]

①他人の使用を排除できる

②ブランド戦略に活用できる

③ライセンス・譲渡料で収益化

④上場審査に有利

⑤Amazonブランド登録ができる

順番に解説します。

①他人の使用を排除

商標登録の大きなメリットは、他人が登録した商標を使用することを排除できる点にあります。

排除できる商標は、以下のとおりです。

・登録商標と同一・類似の商標であり、指定商品・役務と同一・類似である、商標。

排除できる商標の範囲を禁止権といいますが、禁止権は上のとおり、同一のものに限らず類似のものまで及びますので範囲が広いです。

これにより、商標を使用している商品・役務(サービス)について、需要者が出所を混同することを防止できます。

例えば、質の悪い商品にあなたの商標と類似した商標を使用して販売している第3者がいるとします。

この場合、その質の悪い商品の出所があなたであると、消費者が誤認してしまってイメージの低下にもつながってきます。

このようなリスクを回避することが商標登録の大きなメリットです。

 しかも商標はいったん登録すれば、永久に保護されます。

 

これはディフェンスとしてのメリットですが、オフェンスとしてのメリットを以下に紹介します。

②ブランド戦略に活用

登録した商標は、ブランド戦略に活用できます。

 ブランド戦略とは

ブランド価値を高めて消費者に訴求し、競争優位を獲得することを目的に行う活動

(参考:https://bizhint.jp/keyword/229462)

※ブランドとは

自社の商品・サービスの品質を保証させるもの(目じるし)であり、ロゴ・図形など。

ブランド価値を高めると、特定の消費者に、商品・サービスの質・価格よりも、ブランドをきっかけ(購買の吸引力)として商品の購入あるいはサービスの利用をしてもらうことができます。

このため、価格競争に巻き込まれずに、長期にわたって安定した売り上げ・収益を維持できます。

具体的には以下のとおりです。

「スターバックス®」・・・「ゆったりと落ち着いてコーヒーが飲める」という目じるし。

この目じるしが特定の消費者(例えば、コーヒーを飲みながら仕事をしたビジネスマンなど)への吸引力となるため、格安コーヒー店などとの競争に巻き込まれず、高い価格を設定できる。

「今治タオル®」・・・「吸水力が高い」「安全性が高い」という目じるし。

この目じるしが特定の消費者(例えば、安全性を重視する主婦など)への吸引力となるため、格安タオルとの競争に巻き込まれず、高い価格を設定できる。

 

ブランド戦略の土台には商標の登録は欠かせません。

商標の登録をすることにより、ブランドの価値を高めることができ、長期にわたって安定した売り上げ・収益を維持することができます。

スタートアップの場合には、これからブランドを形成していくことになりますが、形成にあたり予め商標登録をしておくことは重要です。

③譲渡料・ライセンス料で収益化

さらに、オフェンス的なメリットとしては、「譲渡料・ライセンス料で収益化」できることが挙げられます。

たとえば、ハローキティ®は株式会社サンリオの登録商標ですが、サンリオは、ハローキティ®の使用許諾の契約を海外企業と積極的に結ぶことにより、商標権使用料の収益を伸ばすビジネス戦略をとっています。

商標権は単にブランドを保護するという守備的な役割だけでなく、使用料による収益化という攻撃的な役割もあわせもちます。

このため、商標を登録することにより、ビジネスで収益を上げることも十分可能です。

④上場審査

スタートアップでは、いずれは上場することになろうと思いますが、上場審査において、社名とコアとなる商品・サービス名の商標登録はマストといえるでしょう。

上場審査ではこの点において必ずデューディリジエンスがなされるからです。

(参考:http://www.gijutsu-venture.com/archives/1616)

商標登録は「早いものが勝ち」の制度であり、上場直前になって商標登録をしても直近で他社が商標登録をしていたというケースはあります。

こうしたリスクを考えて、早めに商標登録をすることをおすすめします。

 

⑤Amazonブランド登録ができる

スタートアップの中には通販事業などで商品を販売する方もいるでしょう。

特にAmazonは最大手の販売ツールであり、Amazonで出品することで商品名のブランドが上がって人気商品となることも多いです。

一方、せっかく人気商品に育てても競合他社から相乗りをされるとこれまでに蓄積したブランドが一気に落ちていくというリスクがあります。

Amazonではこうしたリスクを回避するために、ブランド登録ができるシステムがありますが、登録には商標登録がされていることが必要です。

このため、Amazonで自社商品などを出品するためには商標登録をしておくことをおすすめします。

 

商標登録のデメリットは?

商標登録のデメリットとしては、当たり前ですが、費用がかかることでしょうか。

費用についてはこちらの記事が参考になります。

ただし、スタートアップにとってメリットが大きすぎるので費用よりも商標登録を優先することをおすすめします。

商標登録の費用を抑えるために、自分で出願する方法も紹介していますのでご参考ください。

[st-card id=4821 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

商標登録のメリット・デメリットのまとめ

商標登録のメリット

①他人の使用を排除できる

②ブランド戦略に活用できる

③ライセンス・譲渡料で収益化

④上場審査に有利

⑤Amazonブランド登録ができる

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA