商標的使用とは

商標的使用ってご存知でしょうか。

商標的使用とは商標の使用の形態をいい、商標法に規定されています。

商標権の侵害を回避するためには、商標的使用を理解しておくことは重要です。

特に、SNSで登録商標を使用する場合に、それが商標的使用に該当するかどうかはとても重要です。

以下では、商標的使用について初心者の方でもわかりやすく解説します。

商標的使用とは!?

商標的使用について、商標法では第2条第3項各号に規定されています。

第二条 …
3 この法律で標章について「使用」とは、次に掲げる行為をいう。
一 商品又は商品の包装に標章を付する行為
二 商品又は商品の包装に標章を付したものを譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、又は電気通信回線を通じて提供する行為
三 役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物(譲渡し、又は貸し渡す物を含む。以下同じ。)に標章を付する行為
四 役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物に標章を付したものを用いて役務を提供する行為
五 役務の提供の用に供する物(役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物を含む。以下同じ。)に標章を付したものを役務の提供のために展示する行為
六 役務の提供に当たりその提供を受ける者の当該役務の提供に係る物に標章を付する行為
七 電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法をいう。次号において同じ。)により行う映像面を介した役務の提供に当たりその映像面に標章を表示して役務を提供する行為
八 商品若しくは役務に関する広告、価格表若しくは取引書類に標章を付して展示し、若しくは頒布し、又はこれらを内容とする情報に標章を付して電磁的方法により提供する行為

第2条第3項各号には、8つの使用形態について触れられています。

初学者の方には文章が難解すぎて、何が何やらさっぱりわからないと思います。

 

商標的使用とは、

「商品又はサービスの出所を表示する目じるしとしての役割で使用する行為」

と覚えておけばOKです。

上の8つの使用形態はいずれもあてはまります。

 

一方、商標権の侵害については、第37条第1号に規定されています。

第三十七条

次に掲げる行為は、当該商標権又は専用使用権を侵害するものとみなす。

一 指定商品若しくは指定役務についての登録商標に類似する商標の使用又は指定商品若しくは指定役務に類似する商品若しくは役務についての登録商標若しくはこれに類似する商標の使用

二 ・・・(以下略)

37条1号では、商標権の侵害となりえる要件を3つ挙げています。

3つとも該当すれば、商標権の侵害となります。

①商標的使用であること

②使用した商標が登録商標と同一又は類似であること

③商標を使用した商品・役務(サービス)が登録商標で指定した商品・役務(サービス)と同一又は類似であること

本記事では、商標の類否判断(上の②)と指定商品・役務の類否判断(上の③)について解説は省略します。

たいていの場合には商標権の侵害は、①商標的使用かどうかで決まってくる場合が多いです。

つまり、登録商標を、

商品又はサービスの出所を表示する目じるしとしての役割のために使用したかどうかです。

では以下ではメディア・SNSで発信する場合の事例をいくつか紹介して、事例が商標権の侵害にあたるかどうか解説していきます。

商標的使用の事例

Web集客のためにサイトやメディアを利用している方も多いと思います。

その中で要注意なのが、商標権を侵害しているかどうかです。

実際の事例にあてはめて商標権の侵害かどうか解説していきます!

 

①登録商標「断捨離」をブログ記事のタイトルに含める場合

例えば、「断捨離グッズを厳選して10コ紹介」というタイトルは「商標的使用」に該当するでしょうか。

結論から言うと、該当しないと言えます。

 

「商標的使用」とは、

「商品又はサービスの出所を表示する目じるしとしての役割で使用する行為」

でした。

 

この場合、「断捨離」は、記事の内容を示す題号の一部として表示されたものにすぎません。

タイトルに「断捨離」が含まれていることが、ブログが商標権者の出所である目じるしとしての役割まで果たしえるとはいえないでしょう。

また、タイトルだけでなく、記事本文にも登録商標を含めることは基本的に問題ありません。

なお、登録商標を記事に含める場合には、登録商標であることを示すために、登録商標の後に、「®」をつけたりもします。(ただしマストではなく任意です)

②登録商標「断捨離」をサイト名に含める場合

一方、サイトやブログ名に「断捨離」を含めるとどうでしょうか。

例えば、「断捨離ブログ」というブログ名です。

この場合には、「商標的使用」である可能性は高いです。

これも「商品又はサービスの出所を表示する目じるしとしての役割を果たしうるかどうか」で考えてみた場合、

「断捨離ブログ」というブログ名は、ブログが商標権者の出所である目じるしとしての役割まで果たしえるといえます。

 

一方「断捨離」ではなく、ブロガーのちきりんさんの登録商標「ちきりん」や登録商標「ブログ飯」などもブログ名に含めると商標的使用である可能性は高いです。

例えば、「ちきりんの旅グルメ」というブログ名の場合には、ユーザは「おっちきりんさんのブログか」と出所を混同してしまいます。

 

このため、ブログ名にはなるべく登録商標を含めることは避けることをおすすめします。

 

③Youtubeの動画配信で画面に「断捨離」を表示する場合

これについても、表示する行為が、

「商品又はサービスの出所を表示する目じるしとしての役割で使用する行為」

かどうかで判断すべきです。

チャンネル名に「断捨離」を含め、「断捨離」を表示するのであれば「商標的使用」である可能性は高いです。

一方、「断捨離のおすすめグッズ」という動画のタイトルを表示するのであれば、「商標的使用」とはいえないでしょう。

 

以上のように、「商品又はサービスの出所を表示する目じるしとしての役割」で登録商標を使用しているかどうかを考えれば、「商標的使用」かどうかがわかりやすいです。

 

商標的使用のまとめ

「商標的使用」とは

「商品又はサービスの出所を表示する目じるしとしての役割」で商標を使用することを知っていればOKです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA